こんばんわ、かぶやんです。
連日更新をしようと思っていたのに、結果できず、しょんぼりです。

寒さの合間に、暖かい日があってスーツだけか、コートきるか悩む日々が続くのですが、やっぱり来ていって、暑ければ脱げばいいだけなんだと、改めて気づいた次第です。

image


今日は、東洋水産 マルちゃん正麺 濃厚担々麺なんですが、期待の一つです。担々麺がかなりの勢いで市場な食い込むなか、自分としてはリピートありかなしか?そこが焦点です。

image


4種類の袋から構成される製品は、なかなかハイエンドになりがちなものですが、今回は気負わずに、フラットな感想で行きたいです。

image


麺は、ほっそり?担々麺の邪魔をせず、かといって主張はそこそこあるような、そんな位置関係をみせてくれます。

image


もっと、キレイに撮れそうですが、やっぱり適当でして、takaさんや、かーとさん。お二人にはかなわないのです。

image


スープ。こく、辛み、どちらも文句はありません。麺は、食感を大事にしており、具材にある肉は、かなりオーソドックスな流れをみせてくれます。

うまさ、ここにあり。そう思わせる何かがあるのではないでしょうか?

袋から始まったと記憶していますが、正麺のひたむきな味がきっと鼻腔と舌を満足させてくれるでしょう。

うまかったわー。