じゃぱん麺ばあず

近日、カテゴリ変更などあり〼

こんばんわ。久方ぶりのかぶです。
ここ最近、記事を上げようとしてましたのに、何故かアプリを立ち上げてみると、なーんかやる気になれず。
仕事の忙しさからか、それともブログ倦怠期か?どちらか知りませんが、とりあえずやっとかけました。

さて、今日は日清 カレーラーメン 袋。カップの写真はたまりまくっているのですが、まずはこちらから。
image


ブログでは、もしかしたら横になってるかも知れないですね。

袋は、基本家にあればアップするんですが、五個入りの為、基本自分では買いません。

image


あまり、代わり映えのしない中身なんですが、カレーの粉は多分水を吸っちゃうかなと勝手に脳内で予想してましたが、実はこれが裏目。

image


スープを少しだけ先に飲んだら薄いため、鰹節で風味付けしました。和風カレーラーメンになりましたね。

さて、お味はと言うと、結構あっさり。麺はこれでもかと、くねくねしてますが油揚げ麺の宿命でしょうか?カレーは絡むのに、やや薄い。水が裏目の今回です。

image


久方ぶり、前のブログ以来のチョイリフト。知らない人もいますよねぇ(笑)

当時は、訳の解らないことをしてました。あ、今もか!

ずるずると、麺をすすり、スープを飲み干して、混ぜきれてない粉をみて、完食です。薄い理由はこれかな。

皆さま、これを食べる時はしっかりと混ぜてくださいね。あっさりだったけど、しっかりとした辛さ。なんかどっかで食べたカレー味だけど、買う価値ありです。新しいとは言えないけど、これに牛肉とか足したいな。ごちそうさま。

こんばんわ。記事上げてないかぶです。最近、忙しいのにかまけて、とにかくサボり気味です。しかーし!活動はしています。

では、ラーメンまつりのラーメンレポです!
image


本当は、酒田のラーメンが目的だったのですが、メンバーのなおとんがとんこつに走るらしく、自分もいくかーと。

結局は、とんこつラブなわけですが、早速写真行きましょう。

image


ラーメンこがね家 明石総本店 兵庫県のお店です。365日を8年間継ぎ足し続けた、濃厚豚骨スープ。卵が固まらない微妙なところに惹かれて自分もレッツゴー。

焼豚が、かなりのお味。豚骨・・・、かなりくる匂い。無骨な感じが残るスープに、箸をすすめます。

image


かなりスープは、うまい。麺は、自分としてはもう少し固めでも良かったけど、まずまずの満足感です。

行列の中、女性も沢山混ざっていて、人気ぶりは相当ですが、寒い中であたたまる一杯ですね。

さて、お店を変えようと思っていましたが、お隣は、チーム静岡。西伊豆テビヤマ醤油らぁめん。

image


予備知識ゼロで向かったのですが、花鰹が結構な量入ってますね。

さて、色々思ったことがあるのですが、醤油ラーメン・・・だよな?と、なおとんと共に思い、スープを互いに確認。

???

醤油?

自分の中では醤油ラーメンとして、最も上品な感じでした。パンチがもっときいてると良かったかなーと。

image


二杯目を食べつくし、酒田のラーメンにいこうかと思いましたが、ギブアップ。来年、また開催されることを祈り、会場をあとにしました。

image

こんにちわ。かぶです。
雨がしとしとと降り、何かしら切なさを感じるのですが、今日という日はもうこない。だからこそ今日の一杯を大事に食べたいです。但し、記事の麺は先日より前なんですけどね。

さて、今日は日清 どん兵衛 きつねうどんです。日本のソウルフードとも言えるうどんに、おあげさんを投入。歴史ある日清の一杯です。

image


パッケージも結構変わってるんかなと思うのですが、これを食べる時はなぜかほっとするんです。

image


代わり映えしないなと言えばそう。だけど、変わらないなにかを、求める・・・それは落ち着くための一杯。お昼からまったりするためのものです。

image


あげって、こんなに大きいものだったかな?天ぷらそばしか普段は食べないのですが、久しぶりにきつねを食べると、なんか違和感を感じてしまいました。

image


出来上がり。つゆを口に含むとその美味しいつゆの味は変わっていませんでした。寒さ残るこのシーズンにぴったりで、食べたら寝てしまいそうです。

ほどほどにつゆの主張があり、絡むうどん。軽いウェービーな麺が、また美味しさを増幅。半分くらい食べるころ、少しずつ腹の満たされる感じが脳に届きます。暖かい。至福の一杯てすね。美味しい。先日のものとはいえ、とても美味しい一時でした。長年のリピートどん兵衛。ロングランには、それだけの理由がありますね。

こんばんわ。かぶです。
今日はすこぶる冷える日でしたが、仕事が終わった後に自宅で一杯やろうと思っていて、コンビニに寄ったのですが、つまみがきまらず結局酒だけ買って帰りました。ラーメンも目新しいものがなくて、残念な感じでしたが、来週に期待です。

image


今日は、日清 カップヌードル 抹茶仕立てのシーフードヌードルです。

image


三兄弟の唯一の縦型。シーフードの遺伝子を取り込み自分の中では最も期待しているものです。

image


出来上がりから、まずはスープ。一口啜るとまずは、抹茶の風味。爽やかな薫りとまでは行かなくても、この風味は抜群のよさです。クリーミーな味わいと、口の中で広がる抹茶の風味が程好く食欲を刺激し、麺を掬う箸が止まりません。

緑色の麺は抹茶練り込みだと思うのですが、残念なことに自分はそこまでこの麺での抹茶感を感じられませんでした。

ただ、リピーターになれる。そう思わせてくれる素敵な一品でした。ごちそうさま。期待通りの逸品。

こんばんわ。身も心も寒いかぶです。
最近、肌と肌が触れあう機会が全くなく、寂しさ溢れる毒身貴族を満喫しているんですが、いい加減、なんかあってもいいだろうと思うんです。だって、毎日が楽しくないですから。たまにはいいことあってもいいじゃん・・・。

さて、今日は日清 どん兵衛すき焼き味です。

image


三兄弟の二つ目なんですが、実は連続で食べていたのに記事あげてないっていう。あ、石投げないで・・・。

image


安定の二袋をチェック。まずは、日清らしさを確認。

image


こちらも、安定のどん兵衛麺なんですが、やっぱりどん兵衛はこうじゃなきゃいけません。もっちりしてますし、自分は大好きです。

image


出来上がりから、かなりすき焼き的な匂い。多少事務所がカップ麺臭に満ちてしまいましたが、気にしてません。他の方は知りませんが。

さて、だしを頂くとこれがかなりいけてる。まさか、すき焼きで?と思ったんですが、よくよく考えてみると、すき焼きにうどんって入ってる地方は結構あるんですよね。

麺は、かなりもっちりですが、なんか伸びちゃった。時間経過が多少ありまして、やっぱり仕事中は危険ですね。

どん兵衛は偉大です。日清のパワーを感じる素敵ないっぱいでした。ごちそうさま。

おはよーございます。かぶです。
一昨日手に入れた、三兄弟。日清の刺客とも言えるこいつらは、まさに新時代の幕開けです。なんて、大層なことを言います。

今日は、日清 焼きそばUFO 梅こぶ茶です。
image


このビジュアル。じゃぱん麺ばあずに紹介してくれって言って頂けると、真っ先にと言えるほど。日清大好きのかぶとしては、かなり期待です。

image


こんな、感じ。

image


袋構成も、焼きそばでは、通常ですが、とりあえず塩の期待しかない。

image


麺がとても細いですね。塩ならば納得のモノですが、食べた感が少し減る気がしないでもないです。

image


梅の香り。のり。塩の味。旨さみなぎる日本を感じる味です。麺が細くても大丈夫。麺量はしっかり。

自分が好きな味でもあり、塩と梅の融合。ナイスでーす!

リピだってあります。これは、自分的にかなりヒットです。

こんばんわ。かぶです。

世間はすっかり正月気分も抜けたのか、それとも寒さの話題に持っていかれたのかはわかりませんが、すっかり日常生活が戻ってきたなと思います。

今週は、新しい商品も結構あるようですが、これ・・・まるか食品 ペヤング 義理チョコレート。

image


パッケージも、な~んかチョコレートっぽくなってますよね?想像がつくのがなんとなく嫌なんてすが、まあ食べてからですね。

image


うん・・・まあ、ソースだな。あきらかに、チョコレートだと言う先入観。レビュアーとして失格なんですけどね。

image


麺は、まるか的にいつもの。でも、具材?なんだろうか?このパフみたいなのは?

image


出来上がり。実は会社で食べたのですが、周りからは、チョコレートくせえよなどと罵声を浴び、まさにネタ尽くしの為と言わんばかりのもの。

実食前にケチはつきましたが、如何にチョコレートとしての威力があるかは、証明できたのではないかと思います。

一口食べてみると、チョコレート・・・。明らかにチョコレート・・・の麺(笑)

まあ、分かってはいました。これ、一平ちゃんのショートケーキみたいな感じなんですよ。感覚的には、麺がデザート感覚。甘いものをあまり食べない自分でも、別にあり得なくはないんですよね。

今までにないから否定するのはなし。と言うことで、麺の形をしたチョコレート風デザート的な焼きそばもどきとか言う結論は・・・ダメですかね(滝汗)

こんばんわ。寒いのがヤバイと感じているかぶです。この冬一番と思われる寒さ。雪化粧をみてかなり来てるなーと思うんですが、うちの猫は、ベランダに出て速攻家に逆戻り。しゃーないす。

さて今日は、スガキヤです。普通のラーメンですが、写真も少なくあまり感想と言うのも微妙てすが。

image


安さにおいては、抜群なんです。具材はみての通りですが、意外にもしっかりしてます。

image


スープは、期待と言うかなんと言うのか、好き嫌いが結構別れるスープです。名古屋のソウルフードとして、長年君臨してきた味ですが、自分は、たま~に食べたくなるランキングの二番目がこのスガキヤラーメンです。

疲れた時にすぐ温もれる。暖かい室内で食べられることが嬉しく思える安さと、手軽さがウリなのかなと。

特に、サラダやかやくごはんはいりませんが、ラーメンは、一年に三回くらいは食べるかな?頻度はおいといて、チキンラーメンと一緒で、食べたくなるときがなぜか突然くる。それが、スガキヤです。

ごちそうさま。スガキヤさん。

こんばんわ。かぶです。
寒い日が続きますが、明日は積雪の恐れとか。普段は雪などまったく見ない県ですが、明日は雪化粧なんでしょうか?寒いのは着込めばなんとかなるものの、外出ができないと困るのでどうしようか思案してます。
せっかくのおやすみですし、外ラーメンでもと思っていたのに・・・。

さて、今日は?
image

明星 狸穴 ラー油肉蕎麦です。

肉蕎麦なんて、普段食べないので期待する部分が多いのですが、はたして?

image


袋はひとつ。調整ラー油ですが、なんとなく味気ない。ジャンクな感じがしないでもないですが、とりあえず美味しければいいなと言うのが、正直な感想です。

image


かやくは肉中心ですが、蕎麦がメインなのかな?自分としては歓迎です。

image


出来上がりはお湯のラインを、失敗したせいで多少問題が発生。

まずは、つゆ。くどさ残る味は、なかなかいい。自分の好きなジャンク感がしっかり。おなかに来そうですが、それもまたよし。折り込み済みです。

そばは自分では、あんまり比較材料がないので、美味しいということだけ。

全体的にバランスはとれていますが、それ以上ではなくそれ以下でもない。

旨みのあるつゆが、米と合うのでおにぎりチョイスで迷いましたが、昆布でジャスト。この日の午後は活動的になれました。

こんばんわ。かぶです。
明日から仕事初めなんですが、今日はかなり寒くて、極暖が手放せません。最近の傾向として、脂肪がついてるのにやけに寒がりになった。そして、足が冷えてどうしようもない。そんな毎日を送っています。あ、冒頭のオチはありません。

さて、今日の品は・・・
日清 ラ王プレミアム フカヒレスープ味です。

image


言わずとしれた、ハイエンド。期待を裏切る訳にはいかない一品であると思います。わざわざ、フカヒレスープ味などとしているところ、そして気になる点は、フカヒレは別の素材で出来ていますと注意書き。まあ、物が物ですからね。

image


袋の構成は3つ。なんか、4つないと、損した気分なのは貧乏性だからでしょうか?

image


麺はかなり細いです。ここ最近では最も細い。これで、今までのラ王と戦えるのか?と問いただしたいくらい。ラ王の敵はラ王なんですよ。

image


まあ、くだらん手前の思いはおいといて、出来上がりです。5分待って、匂いの良さ。香ばしいとまでは言いません。まずは、スープ。フカヒレスープ味との事で、気になるのはそもそもフカヒレスープってどこの味が基本?と言う点。日本の味を標準に?そもそものスープの味って?

色々迷いながらも、あくまでもスープですよね?と自分にも聞き返し。結果、やけに中途半端に。スープとしては気に入った感じ。フカヒレとしては・・・。無論、フカヒレが別素材なのは重々承知の上。麺もいきます。

写真が、なぜかアップできず、リフトはお預け。とりあえず、麺。

なんか、細い麺が素敵だなと思ったのは久々。いつも太麺最強とか思っているのに、とろみのあるスープに押され、雪崩が起きる感じ(注:誇張された表現です)ですね。

ただし、残念なのは具材。なんとしてもここだけは譲れない。名前負けしてるんじゃない?麺とスープ。それだけではね・・・。具材がオマケでは、なんとも言えないです。

ハイエンドに課せられた使命なんてないはずです。何より食べる人が美味しいと思えばいい。決して全てが万人受けの良い品という訳ではないですし、ある程度納得はできます。

ラ王プレミアムのシリーズとしては、自分の中で比較して印象だけを伝えたい。そう思います。是非、食べた人のTwitterやブログを見たいです。

こんばんわ。お正月でやる気のないかぶです。
メインブログをかかずに、サブで暴れる。
そんな日々ですが、不満を抱えたまま今年も
麺類を食べながら過ごしていきます。

今年の抱負は、ラーメン店、うどん屋、蕎麦屋などに、じゃぱん麺ばあずのステッカーを貼って貰うこと。はっきり言って何の得にもなりません。自己満足です。

さて、今年二発目は
日清 どん兵衛 鴨だしそばです。
image


日清ならば、そばは天ぷらと言いたいところですが、色々食べるのも勿論。記事だけでなく、自分があまり食べないあじを求めるのもよいかと。

image


あまり、袋が沢山無いのも特徴なんですかね、どん兵衛。なのにハズレってない感じ。

image


麺に関しては今更なんですが、このそばの麺って凄く独特なんですよね。天そばにハマりすぎた時は、このそばが最高だと思ってました。無論今も、どん兵衛天そばは最高なんてすが。

image


具材にあまり求めるところはないのてすが、天そばと比べると少し寂しく感じます。何より見た目が・・・。

つゆを啜ると、鴨だしと言われても、そもそも鴨だし食ったことあったかなぁ?と思ったんですが、たべたことない。いや、あったな。多分。

そんな昔っぽいので、そもそも覚えてません。さて、ならばいまどう感じるのか?
つゆは、深みのあると言うより、どこかで飲んだことのある味。おや?と感じましたが二口目。どうも自宅で母が作る味でして、意外にあっさり。後味は、多少残りますが、何かピリッとした物が欲しいですね。

そばは好きなので、つゆはもう少ししつこさが欲しい。鴨だしって、イメージで濃そうな感じだったので、多少期待には応えてくれませんでした。

特に不味いわけではありません。具材が足りないので、寂しく思います。つゆは、塩の濃さはいいとしても、油感がもう少し欲しいですね。

どうしてもどん兵衛天そばとの比べものになってしまい、リピートできる環境にあってもしないかな?自社の中でも製品づくりに余念はないはずてすが、日清故に自分はもっと求めます。

また、新しいどん兵衛期待します。

新春、明けましておめでとうございます。かぶです。

昨年中は、様々な方に助けて頂き精神的に助かりました。本当にありがとうございます。今年、ブログを更新できよう頑張ります!


さて、今年一発目には?
image


一蘭 とんこつ焼豚増しです。

とにかく、まじか!と思うほどの、クオリティ。詳細はお店と公式で確認してください。まじめに、ひびります。

image


増しの焼豚。薄いようで、しっかりとした形。食べやすさと味わい。そして、しっかりとした味です。

image


自分載せで申し訳ないですが、綺麗に盛ったつもり。

image


細麺を堪能するのにかためでお願いして、スープから。少しとんこつの風味が鼻を抜ける感じで、心地よさを感じます。

麺が、かためでよいと感じるのは完成度の高さ。お値段だって頑張ってる感たっぷり。

つるつると入ってくる麺は、スープと一緒に味わうのに最適な一杯です。

お店は、ラーメンだけじゃない。隣との敷居。ぼっち大歓迎と言わんばかりのサービス。品質の高さを物語ります。

二重丸ですよ。

image